当Bolgの紹介

 軽井沢四季彩写真館(Web Site)の館長が、

 軽井沢の四季折々の自然や、イベントを、

 ~ 軽井沢 四季の便り ~として

 お届けします

 

 ~ 軽井沢 四季の便り ~ の記事を、

 軽井沢四季彩写真館(Web Site)として

 まとめておりますので、そちらも ごらん頂けると幸いです。

 

 まだ見ぬ 軽井沢の美しい自然を 探し求めて …

 今日も、軽井沢を 駆け回っています

 

 

2012年5月25日 (金)

カミナリシギから軽井沢の自然を考える

「カミナリシギから軽井沢の自然を考える」の観察会に参加して  深夜2時。夜更かして起きていた事は何度もあるが、こんな時間に起床したのは生まれて初めてかもしれない。そそくさと着替えて、いざ、軽井沢の発地に出発。 「カミナリシギから軽井沢の自然を考える」と観察会が開かれるのだが、なんと、深夜2時半の開...

» 続きを読む

2012年4月16日 (月)

ウグイスとダンコウバイ

軽井沢にもようやく春が訪れました。 先週の日曜日、4月8日に、ウグイスの初鳴きを聞きました。ホーホケッキョ という声が、とても新鮮で、あぁ、ようやく春が来たんだなと実感できました。そして、ダンコウバイが、モノトーンの軽井沢の森に、灯火のように、鮮やかな黄色を咲かせ始めました。鼻を近づけると、さわや...

» 続きを読む

2012年2月25日 (土)

自分の時間

「コーディネーター・ガイドブック/今井信五」を読んで、感銘を受けた一節。 時間に追われ、競う事にならされた子供たちに必要な事は、何も決められていない「自分の時間」を与える事。「自然というサイクル」の中に、自分の命も関わっている事に気づくことから、自然との対話は始まる。 自然観察員というのは、自然...

» 続きを読む

戻り雪

昨日の夜までは、何もなかった。何も。朝起きてみると、外は、雪、ユキ、ゆき。日中も降り続き、外は、白、シロ、しろ。雪は、いつの間にか、霧に変わり、軽井沢は、雪、霧、白。...

» 続きを読む

2012年2月19日 (日)

蕎麦屋「浅間翁」

軽井沢の隣にある御代田町に足をのばし、蕎麦屋でランチ。最近出来たお店で、初めて食べに行った。ざる(白目細打ち) 790円 田舎(黒目太打ち) 840円やきみそ 200円を注文。 まず、出てきたそば茶も、頂く。とても香り高く、寒い風に冷えた体が、温まった。 やきみそは、小さなヘラに、そばの実入りの...

» 続きを読む

2012年2月17日 (金)

しな鉄の旅

しなの鉄道で、軽井沢から長野市まで、のんびりと電車の旅 実は、旅というほど、大袈裟でもないのだが、県庁での会議に出席するため、のんびりと電車に揺られて、長野市に向った。 意図したわけではないが、一番前の車両にのり、線路の先が良く見えた。ちょっと、ラッキーな気分。若い女性の車掌さんに声を掛けて、切...

» 続きを読む

2012年2月 5日 (日)

信州ブレイブウォーリアーズ vs 秋田ハピネス

信州ブレイブウォーリアーズ vs  秋田ハピネス の試合を観戦。 2/5(日)の午後一時ごろ 佐久市総合体育館に、車で到着。そんなに込んでないだろうと、高を括っていたが、意外や意外、駐車場は満車で、長野牧場の砂利の駐車場の奥の方まで、車がずらり。 体育館には、多くの観客がつめかけていて、バスケッ...

» 続きを読む

2012年1月28日 (土)

雪の上の黄色い印

一人で、のんびりと、雪の湯川を歩いてみた。 雪の上に黄色い斑点模様を見つけた。最初は、犬のしょんべんかと思ったが、どこか違う。 しょんべんの跡であれば、雪が溶けて孔が開いているのだが、雪の表層に、色が着いているだけだった。 よく観察してみるとカラマツの木の下に、黄色い斑点がたくさんある。カラマ...

» 続きを読む

2010年6月 6日 (日)

エゾハルゼミの初鳴き

初夏の晴天の空の下 藤波走る新緑の森から ギィー、ギィー、ギィーとエゾハルゼミの鳴き声が聞こえてきた。 今年のエゾハルゼミの初鳴きである。 それにしても、今週末は天気が良くて気持ちが良い。 私は、梅雨に入る前の芒種の節季がとても好きである。 ミズキの花も少しずつ咲いてきた。 アカシヤの...

» 続きを読む

2010年6月 5日 (土)

藤満開

軽井沢は初夏の晴天が続き、藤が満開である。 山筋の道を行けば、薄紫色の藤が道に覆いかぶさるように咲いている。 その様子は、将に、新緑の海に走る藤波である。 藤が咲く頃の軽井沢の森が、最も美しい。 今日の一句 : 藤摘みて 燈に垂らしてや 貴の香り ...

» 続きを読む

2010年5月26日 (水)

さよなら サクラ

さよなら サクラ 朽ち色に染まって枝に残りし サクラ ブラシのような 花模様 夏には赤々と房実を付けて 秋には黒々と熟すでしょう  また来年 会いましょう あなたが去っていってから 藤の花咲く 時がくる さよなら サクラ ウワミズと言うサクラ  お茶の傍には アンニンゴ ...

» 続きを読む

2010年5月24日 (月)

霧とホトトギス

朝、軽井沢は深い霧に覆われていた。 白く深い霧の奥から、ホトトギスの鳴声が聞こえた。 五月二十四日が、 2010年の軽井沢の初ホトトギスとなった。 それにしても、五月に入ってから軽井沢は霧が多い 今日も、美しい森の新緑は、白い闇の中である。 今日の一句: 白闇に 血を吐き渡る ホトトギス...

» 続きを読む

2010年5月23日 (日)

リラ冷えの軽井沢

軽井沢は雨が降り、リラ冷えの週末を迎えている。 リラとはライラックのことである。 (リラはフランス語、ライラックは英語。ちなみに、日本語ではハシドイ) ライラックというと、札幌が有名であるが、涼しい気候の軽井沢でも花を見ることができる。 北海道ではリラが咲く頃、冷たい雨がふる期間がある。道民...

» 続きを読む

2010年5月16日 (日)

カッコウとギョウギョウシ

真っ青な空に誘われて散歩すると、 モミの木のてっぺんで、カッコウが威勢よく鳴いていた。 湿地の柳林では、ギョウギョウシが闊達に鳴いていた。 カッコウとギョウギョウシの今年の初鳴きである。 近くの保養所の生垣にある雪柳が満開で、芳しい香りを放っている。 今、軽井沢で花盛りな草木花は、 エン...

» 続きを読む

2010年5月15日 (土)

白花エンレイソウ

5月半ばの軽井沢は、エンレイソウの季節である。 森ではちょうど、ケヤキやミズキの木が芽を出しはじめていた。 タンポポが満開の庭を抜けて、近くの雑木林を散歩していると 白花エンレイソウが、ひっそりと咲いていた。 近くにはえていた雪笹(ユキザサ)はまだ蕾であった。 浅間山の残雪も、あと一週間も...

» 続きを読む

2010年4月17日 (土)

雪鶯(ゆきうぐいす)

冬来たれば春遠からじ、と言うが、軽井沢は冬に逆戻りである。 昨日から降り始めた雪は、朝には20cmほどに積もっていた。 浅間山も、厚い化粧の塗りなおしである。 例年の四月第三週の週末は、軽井沢の隣にある小諸市の懐古園に花見に行くのであるが、こんなに雪が積もっては、花見どころではない。 ちなみ...

» 続きを読む

2010年4月11日 (日)

青い銀河

春麗の日曜日。 気温も上がり、軽井沢でも20度となった。 そんな陽気に誘われ、野の花を摘み、押し花をした。 畦道にたくさん生えていたオオイヌノフグリを摘み、 白い紙の上に散りばめると、まるで青い銀河のようであった。 野草を摘みつつ歩いていると、蝶に出会った。 今年の初見の蝶は、Lタテハで...

» 続きを読む

2010年4月10日 (土)

ラ・ヴィーン

サイクリングの途中で、前沢で見かけた カフェテラス「ラ・ヴィーン」に入ってみた。 ベイクドチーズケーキとベトナムコーヒーのセット(900円)を注文した。コーヒーにはうるさい方だが、いまだかつて、ベトナムコーヒーなるものは飲んだことはなかったので、どんなものかと思い注文してみた。  ベトナム製の...

» 続きを読む

サイクリング

 車庫で眠っていた自転車を出し、タイヤの空気を入れなおし、チェーンに油をさしてサイクリングに出かけた。  湯川沿いの道を行くと、釣りをしている人がいた。一体、何を釣っているのだろうか?  河畔には、カンゾウが芽を出していた。せせらぎの音が耳に心地良かった。  湯川沿いから、集落に抜ける道を行く...

» 続きを読む

2010年4月 7日 (水)

深い霧

今朝の軽井沢は深い霧に覆われていた。 視界は50mほどで、車はライトを付けないと非常に危険な状態であった。 そんな中、交差点に警察官が立って、 見張りをしていた。 しかも、白い合羽を着て、まるで、意図的に霧に隠れているようであった。 軽井沢は霧の発生が多い事で有名だ。 年間の霧発生の...

» 続きを読む

«ウソとホオジロ

Blog Ranking

アンケート

  • 軽井沢で好きな場所は?

書籍検索( Book Resercher)

最近のトラックバック

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バーナーリンク

  • BBS7.COM
    MENURNDNEXT
無料ブログはココログ